英語は日本語を訳してはいけない。

教育を通じて一人での多くの人を豊かにします。英会話 初心者専門校イーミックスの濱野将樹です。

只今お年玉キャンペーンを実施中。今年になり申し込みがございました。ありがとうございます。

モニタープランで英文添削無制限プラン1か月9800円を始めました。
お申し込みは こちらから


日本語の脳がそのまま英語になってしまうことがあります。

日本人に一番多いのは、Sorry という言葉です。

別に悪いわけではないのにsorry という言葉をよく使います。

 

これはなぜかというとすみません。というのをそのまま訳しているからですよね。

 

 

ちなみにsorry というのは相手が何か悪いことをしたから言っているのでは?とおもってしまいます。

 

例 人に尋ねたいときは sorry   ではなく excuse me

 

自分が間違えても sorry というい必要は全然ありません。(謙遜がいいのでしょうが、日本人に本当に多く見受けられます。)

 

この辺って・・・やはりまだ脳が日本語脳になっていて日本語を英語に訳している。というところから

来ているのです。

 

ですので、まずはsorry というのをいわない練習にしましょう。

(ただ、遅れてしまった場合は I’m sorry  とか I’m sorry,I am late. と言ってくださいね。)

 

ネイティブイングリッシュスピーカーを観察してみてください。sorry という言葉をあんまり使わない。
ということに気が付くと思います。

 

 ↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

emix_banner_300×250

The following two tabs change content below.
ワーホリ社長®濱野将樹 海外旅行は40回強、うち 2003年にカナダでワーキングホリデーで1年滞在。帰国後翌年2005年に英会話スクール・レンタル自習室・海外留学サービスなどの教育事業を東京・千葉を中心に展開しております。英会話スクール・有料自習室・海外留学・仲介・斡旋 英会話喫茶・経営コンサルティング 有限会社イーミックス 代表取締役 株式会社イーミックスコンサルティング 代表取締役 など複数の会社を経営 写真はアイスランドにあるグリフォスの滝

Leave a Comment